柚子こしょう、トリュフ塩……いろんな調味料で焼き鳥を焼いてみよう!

焼き鳥のアレンジレシピ

突然だが、みんなは焼き鳥は塩派、 タレ派 どっちだろうか?
僕は、部位によると思う!
というか、みんなもきっと部位によって違うだろうなと思う。

僕の場合、ももは塩だがねぎまはタレだし、カワはカリカリに焼いてタレをくぐらせるのが好きだ。

でも……そもそも、こんなにいろいろな調味料があふれる現代で、焼き鳥は塩かタレかなんてナンセンスではなかろうか??

そこで、今回はいろいろな調味料で焼き鳥を焼いてみた。

今回の選手(部位部門)エントリー

①生もも串
②生ねぎま串
③生カワ串
④生なんこつ串
⑤生ぼんじり串
⑥生砂肝串

今回の選手(調味料部門)エントリー

①大黒堂の塩+あらびき黒こしょう
②大黒堂のタレ+あらびき黒こしょう
③トリュフ塩・白
④トリュフ塩・黒
⑤大黒堂の塩+柚子こしょう

おれっちの中での本命は柚子こしょうだ。
おそらく、⑤生ぼんじり串などやや脂の多い部位に合うんじゃないか?と思っている。
しかし、話題の調味料トリュフ塩も気になる。かければどんな料理もランクアップするという噂だ。
そして、大好きなあらびき黒こしょう。大黒堂の自慢の塩やタレとの相性が楽しみだ。

各調味料との相性を発表しよう!!

大黒堂の塩+あらびき黒こしょう

胡椒と塩

第1位 ③生カワ串

カワのシンプルな味と、とても合う!!
おれっちの個人的な意見として、塩だけではちょっとものたりないかな?というカワだが、黒こしょうのスパイシーさがとっても効果があったように感じる。

カワ串の通販購入はこちら!!▶

第2位 ⑥生砂肝串

砂肝はくせがないので、塩だけでも十分美味しいが、黒こしょうが入ることによってアクセントになって、いくらでも食べられる!!

砂肝串の通販購入はこちら!!▶

かわ

大黒堂のタレ+あらびき黒こしょう

胡椒とタレ

第1位 ②生ねぎま串

みんなが食べやすいねぎまは、タレでも塩でも当然ウマイんだが、黒こしょうが加わることで甘みにスパイスがプラスされてくせになるうまさになった。
なんこつや砂肝などのさっぱりした部位には、ちょっと強すぎる印象だったと思う。
タレや濃い味がが好きな人にはぜひ試してほしい組み合わせだ。

ねぎま串の通販購入はこちら!!▶

生ねぎま串

トリュフ塩・白

トリュフ塩

第1位 ④生なんこつ串

もともと魚料理に合うと言われているトリュフ塩・白。
さっぱりした部位に合うだろうと思っていたが、なんこつはビンゴだった!
トリュフの香りがふわっと鼻をくすぐり、とっても上品な味だった。
心なしか、なんこつのかたさが柔らかく感じられて、不思議な感覚だったなあ。。

なんこつ串の通販購入はこちら!!▶

生なんこつ串

トリュフ塩・黒

トリュフ塩・黒

第1位 ①生もも串

さあて、肉に合うと言われている黒トリュフ塩だが、これは満場一致でももに軍配が上がった。
もも肉は一番定番でシンプルなぶん、調味料の味が分かりやすい。
トリュフ塩の黒は、まるで高級なポテトチップスのような味わいで、塩だけなのにスパイシーで、トリュフの独特の強い香りが効いていて、何本でも食べられるうまさだった。
これはリピ確実の一品に間違いない。

もも串の通販購入はこちら!!▶

生もも串

大黒堂の塩+柚子こしょう

柚子胡椒

第1位 ⑤生ぼんじり串

やはり読みは当たっていた。 ぼんじり×柚子こしょうは最強だった。
ぼんじりの脂を柚子こしょうがうまくコントロールしてくれて、ぼんじりがさらにうまくなった。
大黒堂の塩が柔らかい風味なので、柚子こしょうの味を邪魔せず、大人の味に仕上がった。
うまかった!!

ぼんじり串の通販購入はこちら!!▶

ゆずこしょうとぼんじり

まとめ

塩とタレ以外の調味料で食べてみたいと思っていろいろ試してみたが、思った以上にどの調味料もポテンシャルが高く、夢中で焼き鳥を食べてしまった。反省。
とくに柚子こしょうは正直なんにでも合う神調味料だった。
今回は1位だけをピックアップしたが、柚子こしょうに関しては塩やタレに飽きたときに食べたくなるナンバーワンだった。

これからもいろいろな調味料で試してみることにする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました