冬ならではのお楽しみ!ウィンターバーベキューで焚火を囲んで楽しもう

焼き鳥の楽しみ方

大黒トリ男だぜ!
あっという間に冬がやってきたな~
寒さが身に染みるぜ。

そうそう、夏も秋もバーベキューで焼き鳥を楽しんだが、冬のバーベキューがいまアツイんだぜ!
その名も、ウィンターバーベキュー!!
バーベキューは夏だけじゃないんだな!

冬のバーベキューは、いいことずくめなんだぜ~

・日差しが柔らかいから日よけがいらない!
・虫がいないから虫対策の心配をしなくていい!
・焚火であったまれる!
・夏とはちがう料理が楽しめる!

そんなわけで、今日は冬のバーベキューの醍醐味を紹介していくぜ!

冬のバーベキューおすすめ料理

スープで温まろう

温かいスープや豚汁、カレーはみんなが喜ぶ冬のバーベキューの定番メニュー!
大きい鍋で作れば、よりおいしくなるってもんだぜ。

冬の魚介類を楽しむ

冬はカニ、エビ、牡蠣などの甲殻類や貝類の旬の時期。夏と違ってそれぞれ脂が乗っていて、うまい!場合によっては夏よりも格安で手に入ることもあるぜ。そのまま焼いても、スープや汁に入れてもおいしいからおすすめだ!

みんなで鍋を囲もう

夏は暑くて食べるのがしんどい鍋だが、冬はうれしいメニューだ!
白菜やねぎ、大根、ニンジンとか冬野と一緒にいろんな具を入れて、あつあつの鍋をフーフー言いながら食べる幸せったらたまらないよな~!
定番の寄せ鍋やキムチ鍋も美味しいけど、カレー鍋やトマト鍋、変わり種だと盛り上がるかもな!

もちろん焼き鳥も!

冬の焚火で楽しむ焼き鳥は夏とは違った味わいがあっておすすめだぜ。
焼いた状態の焼き鳥を鍋に突っ込んで食べるなんてアレンジもおもしろいぜ!

うんちく「焼き鳥は冬の季語」

ところで、焼き鳥は実は冬の季語だって、みんな知ってるか?
ちなみに、おれっちは知らなかったぜ・・・!

「俳諧歳時記」(新潮社)には「鶇や雀などの小鳥の肉を焼いたもの。焼鳥と書いた提灯を灯し屋台店で売っているのが多い。暖簾に首を突っ込み、一ぱいやりながら一串齧る。しかし今は牛や豚の臓物を串に刺して焼いたものが多いようである。冬の町の夜景の一つであろう」と記されている。

引用:うれぴあ総研 うまい肉

焼き鳥と言えばビール片手に一杯やりながら、の夏っぽいイメージだったが、冬ならではの楽しみ方もできるな。
焚火でお湯を沸かせば、熱燗だって簡単にできる!
熱燗で1杯やりながら、塩の効いた焼き鳥をかじるなんて・・・控えめに言って最高だぜ!

まとめ

こんな感じで、とにかく冬のバーベキューは夏とは違う楽しさがあるんだぜ。
ぜひ今年は冬バーベキューにもチャレンジしてみようぜ!!

焼き鳥のバーベキューセットはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました