新元号は令和!その意味は?~万葉集には鶏の歌も!

鶏のうんちく

新元号は令和(れいわ)!

さて、2019年4月1日、菅義偉官房長官により「平成」に続く新元号が発表された!
その名も「令和」(れいわ)。

皇太子さまが新天皇に即位する5月1日午前0時に施行される。
皇位継承前の新元号公表は憲政史上初めてだ!

出典は万葉集の「梅花の歌三十二首」

新元号の出典は、日本最古の歌集「万葉集」の「梅花(うめのはな)の歌三十二首」からだそうだ。

「初春の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫す」

安倍晋三首相は、「令和」という元号に込めた意味を「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」と語ってくれた!

『万葉集』を典拠にした理由について、「1200年余り前に編纂された日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、貴族だけでなく、防人や農民まで、幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります」と説明。

「悠久の歴史と四季折々の美しい自然。こうした日本の国柄をしっかりと次の時代に引き継いでいく」と語った。

響きが美しく、とてもいい元号だと思った!

万葉集にはなんと鶏の歌もある

万葉集には、鳥を詠んだ歌は600首ほどある。
鶯(うぐいす)やつばめなど季節を感じさせる鳥から、われらが鶏(にわとり)まで、いろいろな鳥の歌があるんだ!

『万葉集』は、奈良時代につくられたわが国最古の歌集だ。大伴家持らの手で編纂されたといわれ、全20巻に約4500首の和歌が収められている。鶏の歌は14首。「とり」「かけ」「にわつどり」と呼ばれるとともに、「東」の枕詞として「鶏が鳴く」という言葉があることからも、刻を告げる鶏が当時の人々に親しまれていたことがわかる。


第七巻 庭(には)つ鳥、鶏(かけ)の垂(た)り尾(を)の乱(みだ)れ尾(を)の、長き心も思(おも)ほえぬかも
第十一巻 暁(あかとき)と、鶏(かけ)は鳴くなり、よしゑやし、ひとり寝る夜は、明けば明けぬとも
第十八巻 鶏が鳴く、東(あづま)をさして、ふさへしに、行かむと思へど、よしもさねなし

昔から鶏は愛されていたようだ。

ちなみに、万葉集編纂当時の7世紀後半から8世紀後半の焼き鳥の歴史については、日本初の「食肉禁止令」が発令された時代だ。
ここから鶏肉が食べられるようになるまで……何年かなあ?

鳥の絵

まとめ

新しい元号「令和」(れいわ)。口に出せば出すほどいい元号だな。
万葉集の4500首のうち、まさか鶏の歌が14首もあるとは思わなかったから驚いた!!
新元号になっても、焼き鳥のうまさはかわらねえからな、もりもり食べ続けよう。

そして、新元号「令和」(れいわ)にこめられた願い、しかと受け取った

タイトルとURLをコピーしました